JAPAN 2024 TASK FORCE(ジャパン2024タスクフォース)とはJAPAN 2024 TASK FORCE(ジャパン2024タスクフォース)とは

これまで日本バスケットボール界は、様々な問題・課題に対し、多くの議論を重ねてまいりました。しかし、内部関係者だけによる議論では、根本的な解決や合意形成には至らず、結果、2014年11月にFIBA加盟国協会としての資格停止処分を受けると言う最も大きな困難に直面しました。
 
「JAPAN 2024 TASKFORCE」は、この出来事を日本バスケットボール界が変革するための大きな機会と捉え、議論を進めてまいります。また、より多くの有識者・関係者・選手、そして地元やファン等からインターネットやFacebook・twitterを活用しながら、広く日本バスケットボールの未来と発展のための意見を募集し、それを集約、参考にさせていただき議論を行いたいと考えています。
 
日本バスケットボール界を愛する全ての方々が「JAPAN2024 TASKFORCE」のメンバーと考えています。

“2024”は10年後、日本のバスケットボールのあるべき姿を共有し、2020年夏の東京オリンピックはもちろん、その後の2024年夏五輪でも継続して日本代表が活躍するためにタスクフォースを行うと言う気持ちを込めています。

JAPAN 2024 TASK FORCEメンバーについて>>

今後の動きとスケジュール

「JAPAN 2024 TASKFORCE」は、2015年6月までに以下の3つの大きな課題について関係者間での合意形成を目指します。

主に上記の1~3それぞれのA~Cを議論し、その経過を公開してまいります。

Twitter

PAGE TOP